読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「このペンを売ってみろ」の答え方 ►営業の基礎(動画付き)

f:id:LifeChops:20160927204425p:plain

「このペンを売ってみろ!」

あなたなら、どう答えますか?

ウルフ・オブ・ウォール・ストリートと言う證券会社を舞台にした映画でレオナルド・デカプリオが演じた、證券会社の社長、ジョーダン・ベルフォートと言う実在する人物がテレビ局のインタビューにて、「このペンを売ってみろ」の模範回答を話していました。

「このペンを売ってみろ」と聞かれたら、よく居る営業マンがやりがちな「このペンはこんだけ凄くて、絶対買うべきなんだよ」とペンの特徴や良さを売るのではなくて

「相手に質問する事から始めるべき」

と言うのです。

f:id:LifeChops:20160927204444p:plain

営業で質問する事が大事な理由:

何故、質問するのか?

質問をして、この人はそもそもペンが欲しいのか?気が付かないだけで、ペンを必要としているのか?と言う核心の部分を掘り起こす作業が質問なのです。
質問を通して、相手にペンが必要と気が付かせるのも良し、諭すのも良しですが、質問を通して生まれる、会話のキャッチボールも大事なんです。
そして、質問を通して、相手がペンを欲しくない、必要無いと分かれば、売るのを辞めるべきなんです!ペンを売れない相手に対して、時間を費やしても双方の時間の無駄ですから。

f:id:LifeChops:20160927204505p:plain

もはや、営業の基礎ですね。自分の商品サービスの特徴、良さを「ああだこおだ」、ざえずるのでは無くて、

質問をする事の3つの目的:

1.相手はこの商品サービスが解決する問題課題を抱えているのか?

2.もし、そうなら、この商品サービスを今すぐ欲するほど、その問題課題に悩んでいるのか?

3.もしくは、課題問題に気が付いていないだけで、実は必要としてるのか?

と言うように、カウンセラーになったつもりで、質問を通して、その人や会社の事の情報を集めに行く必要があるのです。

「このペンを売ってみろ」には営業の基礎の基礎が集約されていたのだな~と私は思いましたが、あなたはどう解釈しますか?このに対して、他にどのように答えますか?

f:id:LifeChops:20160927204730p:plain

良かったら、記事か動画のシェア宜しくお願いします!

YoutubeのLife Chopsチャンスにて、このサイトには掲載していない動画もございますので、良かったらご覧下さい!

https://www.youtube.com/channel/UCbVCS-Zvl5DCw8sICS4wpYQ

クリエイティブとは?クリエイティブな人は「モンスターの配合」が得意である!!(動画付き)

f:id:LifeChops:20160927204016p:plain

www.youtube.com

さて、

活躍する人材に必要なスキルの一つとして「クリエイティブである」と言われる事が多くあると思いますが、クリエイティブとはそもそもどんな意味なのか?

様々な定義があると思いますが、今回の動画でのクリエイティブの定義は、

「知識や経験を配合して(組み合わせて)、新しい配合種(組み合わせ)を作る事が出来る人」

と言う風に定義します。

クリエイティブに関する記事や本を読み漁りましたが、どうやらクリエイティブである人とは、その人が持っている様々な知識や経験を材料に、それらを今までに無かったような、誰も思い付かなかった「配合」を行う事が出来る人を「クリエイティブ」と敬称するそうです。

まさにドラクエで言う、別々のモンスターを配合して、より強い一体のモンスターを作り出すような物ですね。

f:id:LifeChops:20160927204114p:plain

クリエイティブになる方法:

と言う事は、クリエイティブな人材になるためには、多種多様な知識を蓄えて、色んな経験をする事。もしくは、色んな知識や経験とは言わずとも、それらを深く理解する事もクリエイティブになる一つの方法でしょう。

f:id:LifeChops:20160927204132p:plain

何故なら、何かを深く理解している人には、他の人が見えていない物が見えている確率が高い。と言う事は、他の人が気が付かない配合を思いつく確率も高くなるだあろうと言う論理です。

そして、どの知識とどの知識、どの経験とどの経験、どの知識とどの経験を組み合わせるか?と言う方法ですが、

貯蔵していたモンスターがたくさん居れば、突如、電球が点灯したように「あいつとこいつを組み合わせれば、凄いモンスターになるのでは?」と閃く事もあれば、ひたすら配合を繰り返してみて、どんなモンスターが出来上がるか?と言う事を実験しまくる方法であったり、自分だけが持つモンスターでは無くて、他の誰かが持つモンスターと配合すると言うように、コラボで配合を行うと言う手段もあるでしょう。

と言うのが、どうやら現時点でのクリエイティビティーの定説のようです。

あなたの頭の中で、もしくは他の誰かと協力して、ギリシャ神話に登場する配合怪物キメラのようなグレートなモンスター(アイデア)を、現代に蘇らせて欲しい物です。

f:id:LifeChops:20160927204154p:plain

良かったら、記事か動画のシェア宜しくお願いします!

YoutubeのLife Chopsチャンネルにて、このサイトには掲載していない動画もございますので、良かったらご覧下さい!

https://www.youtube.com/channel/UCbVCS-Zvl5DCw8sICS4wpYQ

フランケンシュタインよ… ►「これから、善と悪の話しをしよう」(動画付き)

f:id:LifeChops:20160927203634p:plain

「これから、善と悪の話しをしよう…」

マイケル・サンデル氏の白熱教室風に始めた所で、小説フランケンシュタイン

フランケンシュタインと言う物語に出てくる怪物、因みにフランケンシュタインと言うのは怪物を作った博士であり、怪物自身に名前は無かったと言う豆知識を挟んだ所で、皆様はあの怪物を「悪」と捉えますか?

本質的な善悪は存在しない:

そもそものお話しをさせて頂きますと、本質的な善悪は存在しません。あらゆる物事はただ、そこに存在しているだけで、その物事が善なのか悪なのか?と言うのは、それを見た人間が勝手に決めているのです。

9.11のテロを悪と捉えるアメリカ国民が居れば、テロリスト側はそれを善と捉えているように…

さて、フランケンシュタイン博士が生み出した怪物はどのような存在だったのでしょうか?

f:id:LifeChops:20160927203749p:plain

犯罪者は生まれながらに犯罪者なのか?

複数の死者の体を繋ぎ合わせ、犯罪者(殺人鬼と仮定)の脳味噌(記憶はリセットされている)を埋め込まれた出来上がったのが、この怪物。「犯罪者の脳だから、この怪物も犯罪者になるのではないか?」とあなたは思いますか?

f:id:LifeChops:20160927203809p:plain

遺伝子的に、生まれながらして、他の人よりもアグレッシブであり、誰かに危害を加えやすい人間は存在します。しかし、犯罪学では「犯罪者になるか?ならないか?」と言う事はその人が育つ環境によって大きく左右されると言われています。

犯罪率が高い場所で育ったり、乱暴な親を持ったり、貧困に晒されば、その環境によって誰かに危害を加える確率が上がるのです。

ですから、犯罪者だからと言って、その人は生まれながらにして犯罪者であったと言う事では決してなく、生まれてからの外的要因によって犯罪者になってしまうと言う事なんです。

フランケンシュタイン博士が作った怪物は、生まれながらにして何の存在でも無かったわけですが、怪物としてのレッテルを張られ、生みの親であるフランケンシュタイン博士から殺されかけたり、池で溺れている少女を助けた直後にその少女の父親に銃で撃たれたりと、その外的要因によって、人に危害を加える「真の怪物と化した」と言っても過言では無いでしょう。

f:id:LifeChops:20160927203829p:plain

形では無く、その物事の本質を見るべき:

物事に本質的な善悪は無い。それを決めるのは人間であり、本質を見抜かないまま、勝手に善悪のレッテルを貼ってしまえば、真実とは違う虚像を見ていると言う事になるわけです。常に物事の本質、真の姿を見定めるために観察したり、追求する事が大事なのかもしれません。

f:id:LifeChops:20160927203853p:plain

良かったら、記事か動画のシェア宜しくお願いします!

YoutubeのLife Chopsチャンネルにて、このサイトには掲載していない動画もございますので、良かったらご覧下さい!

https://www.youtube.com/channel/UCbVCS-Zvl5DCw8sICS4wpYQ

 

日本にジョブズは生まれない?(動画付き)

 

f:id:LifeChops:20160927201449p:plain

さて、元AppleのCEO、スティーブ・ジョブズ氏に関して「日本にはスティーブ・ジョブズは生まれない」と言う趣旨の議論がTwitterで展開されていましたので、このテーマに関してご興味ある方が居るのでは?と思い、私なりの意見をご紹介したいと思います。

ジョブズとは?

まず「ジョブズが生まれる」と言う定義ですが、Twitter上での議論の文脈から読み取るに、

部下から恐れられ、嫌われながらも、圧倒的な経営手腕を持ち、世界一のCEOと呼ばれ、世界一の企業を作りあげる事が出来るような人間の事を指していると予測します。

そして、「日本にはジョブズが生まれない」と言う理由として挙げられていたのが、「日本では、ジョブズのような人間は周りに潰されてしまう」と言う理由でした。

この「ジョブズが生まれる、生まれない論争」結局は確率の話しであって、今後またイチローのような選手が日本から出るか?と言うお話しと同じで、ジョブズのような世界的に崇められる経営者はそもそもどこの国であろうと生まれる確率は低くて、起業大国アメリカですら今後、ジョブズ級の経営者は生まれないかもしれません。

ただ、日本と言う国でジョブズのような経営者が生まれる確率は再びアメリカで生まれる確率よりも低いと言えると思います。

日本でジョブズが生まれにくい理由:

・ビジネスに関わる人間、起業家の母体数がアメリカの方が多いので、より少ない日本で生まれる確率が低い

・日本は集団主義性がアメリカよりも強い国なので、他と違う事をする事が難しく、「Think different」の信念を大事にしていたジョブズのような、集団から外れる道を選ぶ人間(人と違う事をするのは大きな成果を出す一つの方法)はアメリカよりも少ない。

と言う人口と文化的な理由により、ジョブズのような人間が生まれる確率と言うのはアメリカと比べると少ないでしょう。

結論、ジョブズのような人間が生まれる可能性はあるでしょうが、確率は低いと言う事で、皆様はどう思いますか?


良かったら、記事か動画のシェア宜しくお願いします!

YoutubeのLife Chopsチャンネルにて、このサイトには掲載していない動画もございますので、良かったらご覧下さい!

https://www.youtube.com/channel/UCbVCS-Zvl5DCw8sICS4wpYQ

ヒトラーとホロコースト ►「悪とは?」そして共感力の大切さについて(動画付き)

f:id:LifeChops:20160927203041p:plain

ニュルンベルク軍事裁判」

と言う第二次世界大戦ナチス軍敗北後の戦争犯罪を裁く軍事裁判を描いた海外ドラマのワンシーンで、軍事心理学者である男が、検事に「悪の元凶は何か?」と説明する一幕がございました。

「悪とは、共感力が無い人の事を言う。ホロコーストヒトラーを筆頭にしたユダヤ人の大虐殺)の主犯格と言える被告人達に共通しているのは、他人の気持ちや痛みを理解する、共感力が無かった事だ」

f:id:LifeChops:20160927203111p:plain

ビジネスで共感力が大事な理由とは?

さて、ビジネスでは共感力が大事と言われる事が多くあります。

何故なら、ビジネスはお客さんありきの物であり、お客さんを如何に幸せにするか?と言う事でビジネス自体の成功が大きく左右され、お客さんを幸せにする一つの方法が、共感力を持って相手の痛み悩み問題を感じて理解し、それを解決する事にあるからです。

そして、ビジネスで無くとも、人間は社会的動物(他人と頻繁に交流する)であるがゆえ共感力は大切になり、相手の気持ちを考える、相手の立場に立つと言う事で、人間関係をより良い物にし、より人生を豊かにする確率をも高めるでしょう。

f:id:LifeChops:20160927203133p:plain

共感力を手にする4つの方法:

1.フィクション物を読む、観る(色んなキャラクターの立場から物事を見れる)

2.ボランティア活動をする

3.聞き上手になる(聞き上手になる方法の動画参照)

4.無理やりにでも他人に興味を持ち、会話をする(他人との交流回数を増やし、色んな意見や考えを聞く)

と言うように、他人と関わったり、他人の目線から物事を見る過程を通して、共感力と言うのは育つらしいです。

f:id:LifeChops:20160927203152p:plain

大量虐殺が行える理由:

さて最後に、「ニュルンベルク軍事裁判」のワンシーンに戻りまして、「どうしてナチスとドイツ国民達にはホロコーストのような非情な大虐殺をする事が出来たのか?」と言う理由を軍事心理学者は:

「ドイツは文化的に「やれ」と言われた事をやる国である。親であれ、先生であれ誰であれ、権力者には異論を唱えずに「従う」と言う教育がされている。だから、ヒトラーが「ユダヤ人を虐殺しろ」と言えば、疑問を持たずに国民は遂行する」
「そして、プロパガンダ(政治的な宣伝)。ホロコーストが起こる前に、ドイツでは「ユダヤ人は人間では無い」と言う宣伝活動が年単位で行われており、そこで政府が「劣等人種であるユダヤ人を抹殺しなければならない」と言えば、国民は従う」

f:id:LifeChops:20160927203216p:plain

歴史は繰り返されている?

日本でも数々あったとされる戦争犯罪。

日本もドイツと同様に、権力者の言葉には疑問は持たずに異論も唱えないと言う文化、教育があり、一歩間違っていれば、ホロコーストのようなジェノサイド(大量虐殺)を起こしていたかもしれません…

最後に、会社が一国だとして、その国の王であるあなたは気に入らない民が居れば、虐殺(解雇)しますか?

もしくは、あなたがその国の民だとして、優秀で成功している他の民が居たら、嫉妬し、蹴落とす事(社内政治)に力を注ぎますか?

ビジネスが現代の戦争なら、戦争犯罪は繰り返されている?…歴史を学ぶ事で、「誰も歴史から学んでいない」と言う事に気が付いたような、そんな気がしました…あなたはどう思いますか?

f:id:LifeChops:20160927203252p:plain

良かったら、記事か動画のシェア宜しくお願いします!

YoutubeのLife Chopsチャンネルにて、このサイトには掲載していない動画もございますので、良かったらご覧下さい!

https://www.youtube.com/channel/UCbVCS-Zvl5DCw8sICS4wpYQ

ユナボマーと世界の秘密 ►「この地平線の先には何があるのだろう…?」(動画付き)

f:id:LifeChops:20160927193553p:plain

地平線を見て、ふと思う時があります、

「この地平線の先には何があるのだろう…?」

未知への浪漫に黄昏ながら、スマホを取り出して調べて観ると、すぐに何があるのか分かってしまうのが現代です。

スマホで調べなくても、好奇心の赴くままに見据える地平線に向かって歩くのもアリですが、この世界のほとんどの地理的な秘密は解き明かされてしまっているので、イマイチ歩き続ける動機にはならないと私は感じます。

外国との交流が一切ない時代に、侍は地平線を見てどんな浪漫を思い描いたのでしょう?

ヨーロッパ発の長い航海の末、アメリカと言う新大陸を発見した時に、クリストファー・コロンブスはどんな事を思ったのでしょうか?(インドだ!じゃなしに、ここはインドじゃないwと分かった時)

f:id:LifeChops:20160927193926p:plain

ユナボマーと世界を破壊する事:

彼の犯行目的(恐らく)はあらゆる機関を破壊し、ゼロから人類史をやり直すと言う事でした。

現代でも、何も知らない子供だけを残して、全てを破壊すれば、子供達はゼロからこの世界の秘密を解き明かすような、そんなワクワクする日々を送る事が出来るのです!好奇心の赴くままに、地平線に向かって歩いたり、水平線を眺めた末に、船を作り、航海に出る事が出来るのです。ご飯が美味しくないどうの、ネットが遅いどうの、電車が遅れてるどうのとストレスを感じる事もありません。生きるために生活する、そんな生物のあるべき姿に戻るのです!

と言う事まではユナボマーは思っていなかったかもしれません。

f:id:LifeChops:20160927193956p:plain

世界最高峰の知識人の一人である、スティーブン・ピンカー氏は「暴力の人類史」と言う著書で「現代は人類史上で最も平和な時代だ」とおっしゃっています。やはり、全てを破壊して人類史をゼロに戻したら、昔のように奪い殺しの時代が訪れるのでしょうかね?

だいぶ脱線してしまいました。

まだまだあるこの世の秘密:

ペイパル創業者、著書「ZERO TO ONE」で有名なピーター・ティエルは秘密を探す事の大切さを数々のインタビューで述べています。

「世の中の秘密の多くは解き明かされたが、まだ残っている物はたくさんあると。その秘密こそが、多くの人に大きな価値を与える事になる」

アップルのスティーブ・ジョブズの名言であるのが「情熱を持てる事をやれ。無いのなら、探せ」と言うように、

f:id:LifeChops:20160927194031p:plain

太陽や月へ続く秘密の扉:

あなたの情熱然り、世界を変えるビジネス然り、会社で起こせるイノベーションの数々然り、世界にはまだ解き明かされていない秘密(Schlep blindness)はまだあって、例えば癌の治療法や永遠の命。
その秘密を探求し続ける、そんな探求心と好奇心、子供のような疑問の心を持って、大人だからこそ忍耐強く探せば、月へも太陽へも続くそんな秘密の扉がどこかにあるかもしれません…

f:id:LifeChops:20160927194101p:plain

良かったら、記事か動画のシェア宜しくお願いします!

YoutubeのLife Chopsチャンスにて、このサイトには掲載していない動画もございますので、良かったらご覧下さい!

https://www.youtube.com/channel/UCbVCS-Zvl5DCw8sICS4wpYQ